【CITTA手帳】バーチカルの可愛い時間の区切り方4選【ジブン手帳】

3 min

私が愛用している手帳は、CITTA手帳というウィークリーが縦の時間軸になっている、いわゆる「バーチカル」の手帳です。

CITTA手帳やジブン手帳などのバーチカル手帳で予定や体調ログを書いていくときに、睡眠時間や仕事の時間に線を引いて区切ること、ありますよね?

特にCITTA手帳では、実際の睡眠時間ではなく「理想の起床・就寝時間」に線を引くことで、理想の生活に近づく……という手帳製作者さん推奨の使い方があります。

そんな時間の区切り……もちろん普通に線を引いてもいいのですが、かわいく線を引けたらモチベが上がりそうな気がするんです。

この記事では、バーチカル手帳でかわいく区切り線を引く方法4つをご紹介します。

バーチカルのかわいい区切り方

例えば、起床時間を普通に黒いボールペンで区切ると、こんな感じになります。

これはこれで簡単にできていいのですが、あんまり目立たない気がします。

カラフルなペンで線を引く

先ほどは黒いボールペンで引いたところを、別の色のボールペンで引いてみます。

これだけで、だいぶ目立つようになりました。

さらに、好きな色のマーカーで線を引くと……。

かなり目立ちますし、お気に入りの色を使うとモチベが上がる気がします。

個人的なおすすめ蛍光ペンは、ZEBRAのマイルドライナーです。

普通の蛍光ペンより目に優しい、淡い色や渋い色がたくさんラインナップされています。

CITTA手帳は紙質の都合上、裏抜けしてしまうマーカーがあります。マーカーをご購入の際はご注意ください。

模様で線を書く

マーカーを使って線を引くだけでもかわいいですが、この線を模様にしてみます。

少し手間はかかりますが、自分で好きな模様を書けるので、1本のペンで可能性は無限大です。

他にも、いろいろな種類の模様を書いてみました。

この丸い模様は、ZIGのクリーンカラードットというペンを使えば、簡単に書くことができます。

クリーンカラードットはCITTA手帳で裏抜けしにくいので、特におすすめのマーカーです。

細いマスキングテープを貼る

線を引くだけじゃ味気ないけど、模様を書くのは難しいしめんどくさい……。

そんな方は、3~5mm程度の細めのマスキングテープを使ってみるのはどうでしょうか?

切って貼るだけでバッチリ決まります。

6~7mm以上になるとラインに使うには太すぎて不自然なので、文房具屋さんで購入するときは幅を確認した方がよさそうです。

数種類のマステを貼って試してみたのですが、無地よりは模様がある方が自然に見える気がします。

私が特にかわいいくて使い勝手がいいなと感じたマステは、株式会社BGMが販売している5mm幅の箔押しマステです。

地が白なので自然ですし、主張しすぎない高級感のあるかわいさがお気に入りです。

BGM マスキングテープ Life ライフ 箔押し リトルスター 5mm 0.5cm 5ミリ 極細 幅狭 箔入り ゴールド 金色 星 BM-LGWS004 ビージーエム マステ

また、最近は100円ショップでも細幅のマスキングテープが販売されています。

100均に行く際は、ぜひ文房具売り場をチェックしてみてください。

プチデコラッシュの細幅ラインを使う

いちいちハサミを使ってマスキングテープを切ったり貼ったりするのは手間……後ではがれてこないか心配……。

そんなあなたには、プラス株式会社が販売している「プチデコラッシュ」というデコレーションテープをおすすめします。

ハサミなどを使う必要がなく、修正テープのように好きな場所に引くだけで、かわいくデコれちゃいます。

特に「細幅タイプ」は、名前のとおり4.2mmの細幅で使いやすいです。

セットを買うとなるとそこそこお金がかかりますが、数種類をローテーションすれば充分楽しめます。

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-speaking-1.png

にに

もし間違って線を引いてしまったときは、専用の消しゴムで消すことができますよ!

起床前、就寝前のスペースの使い方

バーチカルで起床・就寝時間を区切ると、スペースが空きますよね?

そのままにしておくのもいいですが、この空きスペースを有効活用することも可能です。

例えば、起床前のスペースをその日やること(TODO)を書く場所にしたり……。

就寝後のスペースを一言日記やログに使ったり……。

そのままにしているとデッドスペースになってしまう部分も、事前にバーチカルを区切っておくことで、有効活用しやすくなります。

まとめ

最後に、バーチカル手帳の時間をかわいく区切る方法4つをまとめます。

バーチカルの時間の区切り方

  • 黒以外のボールペンや、マーカーで線を引く
  • 線を模様にして書く(ドットペンがあると便利)
  • 3~5mm幅のマスキングテープを貼る
  • プチデコラッシュの細幅ラインを使う(間違って引いても専用消しゴムで消せる)

特にカンタンで見た目が華やかになるのは、プチデコラッシュを使う方法だと思います。

どれもそんなに難しくないので、バーチカル手帳をうまくデコれないという方は、ぜひ真似してみてくださいね。

にに

にに

北海道在住の好奇心旺盛なアラサー女性です。最近は特に手帳・文房具に興味津々で、他にも趣味が書ききれないほどあります。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA