CITTA手帳の表紙を補強して、破れるのを防ぐ方法【写真で解説】

5 min

私のメイン手帳「CITTA手帳」は、生活の大切なお供といっても過言ではないのですが、その弱点の一つが表紙!

CITTA手帳の中身の表紙は厚紙のため、人によっては長く使っていくうちに、背表紙が破れたり、表紙が端からめくれてしまうみたいです……。

この記事では、そんなCITTA手帳の表紙を補強する方法を、1から徹底解説していきたいと思います。

必要なモノ

CITTA手帳を補強するために用意するのは、以下のものです。

必要なモノ
  • 製本用の透明カバーフィルム
  • ハサミ
  • 定規(30cmがおすすめ)
  • ハンカチなどの布(ティッシュでも可)
https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-speaking-1.png

にに

一つ目の透明フィルム以外は、おうちにあるもので済みそうですね!

製本用の透明カバーフィルム

図書館の本って、表紙がテカテカしたフィルムみたいなもので、おおわれていることが多いですよね?

これって、本の補強のために専用のフィルムが貼られているからなんです。

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-speaking-1.png

にに

私は、近所の東急ハンズで売っていた「ピッチン」を選びました。

大きめの文房具屋さんなら、置いていると思います。

ピッチンは、1つ買えばA5の手帳やノートを8冊補強できるので、他にも表紙が紙製のノートをお使いの方は、ぜひお試しください。

また、CITTA手帳はカバーでおおいますが、他のノートなどで厚紙の表紙をむき出しにして使う場合には、汚れ対策や防水加工にもなります。

手帳やノートがお好きな方であれば、持っておいて損はないかと思います。

ハサミ

どのハサミでも切れるとは思いますが、ピッチンは片面が粘着テープになっているので、ベタつかないハサミがおすすめです。

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-glad-1.png

にに

私のお気に入りのハサミは、プラスのフィットカーブプレミアムチタン!

このハサミで今までにマスキングテープをたくさん切っていますが、全くベタベタしません。

定規

カバーフィルムを貼っていく際に、空気を抜きながら貼っていくために使います。

15cmだとA5の幅より短いので、30cm定規がおすすめです。

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-speaking-1.png

にに

私は紙をカッターで切るために定規を使うことが多いので、紙をしっかり固定してくれる「ピタットルーラー」を愛用しています。

ただ、今回は固定をするのが目的ではないため、どんな定規でも大丈夫です。

ハンカチなどの布

フィルムを貼り終えたあとに、表面をこすって定着させるために使います。

個人的には、このひと手間で綺麗に貼れるかが決まると考えています。

何気に超重要アイテムです。

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-speaking-1.png

にに

ちょうどいい布が手元にない方は、ティッシュでも大丈夫です。

ティッシュの場合、フィルムの粘着面にティッシュが触れないようにだけ、気を付けてください。

カバーフィルムの貼り方

ここからは、実際に私がCITTA手帳にフィルムを貼る様子の写真を交えて、ポイントを解説していきます。

フィルムの裁断

まずは、フィルムの裁断です。

CITTA手帳を広げて、上下左右2cmずつ空くように、フィルムを裁断します。

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-speaking-1.png

にに

ピッチンは台紙に1cm四方の方眼があるので、定規を使わなくてもだいたいの目安がわかります。

フィルムをしごく

ロールタイプのカバーフィルムは、切ってすぐは丸まっており、作業がしにくいです。

なので必須ではないですが、裁断したフィルムをテーブルの端を使ってしごいておくと、のちのちの作業がしやすいです。

両手でフィルムの両端を持って、テーブルの端に当て、左右にこすりつけます。

こうすることで、切ってすぐの状態よりも丸まりにくいはずです。

台紙を数cm分めくって折り返す

いきなり台紙をべろーんと全てはがしてしまうと、貼り付け難易度が格段に上がってしまいます。

ここは慎重に、四隅の端のどれか1つだけをめくって、台紙にしっかり折り目をつけて折り返すと貼りやすいです。

カバーフィルムは、とても伸びやすい材質です。台紙から外した状態でフィルムを引っ張ると、伸びて貼りにくくなり、シワの原因にもなります。端を持つときに引っ張りすぎないよう、注意が必要です。

表紙の角を固定する

ここから貼る作業に入ります。

CITTA手帳を開いて、さきほど折って出てきた粘着部分に表紙の外側の角を貼り付け、固定します。

貼るときは必ず台紙の方眼を確認しながら、2cmずつ空けつつ、まっすぐ貼れるように確認すれば、曲がるのを防げます。

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-speaking-1.png

にに

お分かりかとは思いますが、カバーフィルムは本の外側を保護するフィルムです。

うっかり表紙の内側を貼り付けないよう、お気をつけくださいね!

手帳を閉じて裏返す

ここから定規を使って貼っていくために、CITTA手帳の向きを下の図のように変えましょう。

このとき、手帳を開いたまま裏返すとフィルムがテーブルにくっついてしまう可能性があります。手帳を閉じて厚みを持たせることで、フィルムをテーブルから遠ざけると、事故を防げます。

空気を抜きながら片方の表紙に貼る

いよいよ本番です。

少しずつ台紙をはがしながら、定規を使って空気を抜きつつ、慎重に貼っていきます。

このとき、定規を斜め45度くらいに傾け、フィルムの上を小刻みに滑らせるように貼っていくのがコツです。定規でフィルムと台紙の境目を小刻みにこすると、自然とフィルムが台紙から少しずつはがれ、表紙に密着していきます。台紙の端を少しだけ引っ張りつつ、定規を進めていくと、うまくいくと思います。

これを、片方の表紙の端までやります。

布で表紙をこする

定規を使って慎重に貼れば、キレイにフィルムは貼れているはずですが、ここでもっとキレイに仕上げるためのひと手間!

貼ったフィルムの表面を、用意したハンカチなどの布(またはティッシュ)でゴシゴシこする作業をおすすめします。こうすることで、よりキレイに仕上がり、後のシワやヨレの発生を最小限に抑えられるように感じます。

【重要】背表紙を貼る

フィルムがぐるっとまわって、背表紙まできました。

背表紙は定規でフィルムを貼るには幅が狭すぎるので、手帳を閉じた状態で、手でフィルムを丁寧に貼っていくわけですが……。

手帳の背表紙の角に合わせてフィルムを折り、少しずつ慎重にフィルムを貼っていきます。

そして、ここからが超重要なポイント!

背表紙を貼り終わったら、布でたくさんフィルムをこすってください。これでもかってくらい、親の仇かってレベルで、ゴシゴシこすってください。

手帳の背表紙は手帳を開いたり閉じたりするときに、フィルムがかなり浮きやすい部分です。

普通に貼るだけでは、手帳を開いた際に確実にフィルムだけが浮きます。

失敗例(以前使用していたMDノート)。背表紙から完全にフィルムが浮いています。
https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-confused-1.png

にに

この背表紙がCITTA手帳の中でも特に破れやすい部分なので、ここが浮いちゃうと……。

うまく貼れると開いてもこんな感じで、そこそこ密着して浮きにくくなります。

反対側の表紙に貼る

ぐるりとまわって、反対側の表紙まできました。

反対面も、既に貼った面と同じ要領で、定規で空気を抜きながら慎重に貼っていきます。

最後に布でこするのをお忘れずに!

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-glad-1.png

にに

これで、全面貼り終わりました。あともう少しです!

フィルムを切る

ここからは最後の仕上げです。

下の図のように四隅の角を切りとり、背表紙から1~1.5cm離れた場所から、4か所に切り込みを入れてください。

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-speaking-1.png

にに

CITTA手帳は角が丸いので、丸みに合わせてカットしてくださいね。

フィルムを内側に折り込む

先ほどの図のとおりに切れていれば、片方の表紙の周りに3か所ずつ、台形の形をしたフィルムがはみ出ているはずです。

そのフィルムを、内側に折り込んで貼ってください。

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-speaking-1.png

にに

フィルムを2cmずつ余分に大きく裁断したのは、このためです!

余分なフィルムを切りとる

最後に、背表紙の上下の余分なフィルムを切りとれば完成です。

このとき、しおり紐のかなり近い部分でハサミを使うので、しおり紐を切ってしまわないように注意してください。

補強完了したCITTA手帳の写真

今のような手順で補強した、私のCITTA手帳がこちら!

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-glad-1.png

にに

かなりキレイに貼ることができました!

CITTAノートには必要なさそう

ちなみに、私は2020年から販売開始したCITTAノートも愛用しています。

せっかくだし、CITTAノートも同じように補強しよう!と思ってカバーを外してみたら……。

CITTA手帳と違い、既に表紙が光沢質で、何らかの加工が施されているように見えます。

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-speaking-1.png

にに

なんとなく丈夫そうなので、このまま使ってみることにします。

使い始める前がおすすめ

手帳が破れてから補修するのって、けっこう大変だと思います。

事前に対策をうっておけば、のちの自分が楽になるはずです。

特に表紙を補強するのにベストなタイミングは、CITTA手帳を使い始める前だと思います。

インデックスシールを貼る、ペンホルダーを用意する、カバーにセットする……などのCITTA手帳の準備の一環に、表紙の補強を組み込んでみるといいかもしれません。

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-glad-1.png

にに

まだCITTA手帳がキレイなうちに、ぜひ試してみてくださいね!

にに

にに

北海道在住の好奇心旺盛なアラサー女性です。最近は特に手帳・文房具に興味津々で、他にも趣味が書ききれないほどあります。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA