サイト改築中のため、表示崩れがあります

3月始まりのCITTA手帳、10月始まりとの違いは?比較してみた

2 min

CITTA手帳には10月始まりの他にも3月始まりがあります。

文字通り3月から使い始められる手帳になっていますが、その他にもいくつか違いがあるんです。

この記事では、3月始まりのCITTA手帳を10月始まりのものと比較し、違いを検証していきます。

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/03/ninitopi-speaking.png

にに

このために3月始まりのCITTA手帳を購入し、実物を比較してみました!

カバーのカラーラインナップが違う

まず大きな違いとして挙げられるのが、見た目のラインナップです。

2020年3月始まりのCITTA手帳のラインナップはミモザイエローローズピンクピーコックブルーピュアホワイトの計4色で、春にピッタリな明るい色合いになっています。

2019年10月始まりはミモザイエローホーリーマゼンタインディゴネイビーピュアホワイトトラディショナルブラックの計5色で、大人っぽいカラーラインナップです。

発売する季節によって一部のカラーラインナップに違いがありますので、自分の好きな色に合わせて購入するタイミングを考えましょう。

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-glad.png

にに

私はローズピンクのCITTA手帳を購入しました。

10月始まりのホーリーマゼンタよりもファンシーなピンクで、とっても私好み!

使える期間の長さが違う

3月始まりのCITTA手帳は使い始められる日だけでなく、そこから使える期間の長さも違います。

2020年3月始まりのCITTA手帳は月間ページとプロジェクトページが2021年4月までの14か月、週間ページが2021年3月までの12か月間です。

つまり、3月始まりのCITTA手帳を使えるのは1年間となっています。

対して2019年10月始まりは、月間ページとプロジェクトページが2021年3月までの18か月、週間ページが2020年12月までの15か月間です。

つまり、10月始まりのCITTA手帳を使えるのは1年3か月間です。

比較すると、3月始まりの方が使える期間が3か月短いということになります。

どちらがおすすめかは人によりますが、例えば1年で必ず手帳を買い替える予定の方には3月始まり、かなり先の予定を立てることが多い方には10月始まりが合っていると思います。

巻末のメモページの量が違う

3月始まりのCITTA手帳は巻末のメモページが9ページしかありません。

10月始まりは29ページなので、3月始まりの方が20ページ少ないです。

メモをたくさんとりたい方は10月始まりを選ぶか、手帳とは別にノートを使うようにした方がよさそうです。

重さが違う

使える期間とメモページが少ないことにより、3月始まりのCITTA手帳は10月始まりよりも軽く、薄くなっています。

3月始まりの重さを量ってみると約300gあり、10月始まりのCITTA手帳は公称約350gで、3月始まりの方が約50g軽いです。

少しでも荷物を軽くしたい方には、3月始まりを選ぶことをおすすめします。

厚みが違う

3月始まりの厚みを量ったところ約1.2cmあり、10月始まりのCITTA手帳は公称約1.5cmで、3月始まりの方が約3mm薄いです。

薄めのバッグを使っている方や、少しでも荷物がかさばるのを防ぎたい方には、3月始まりがおすすめです。

3月始まりはこんな方におすすめ

これらの違いをふまえて、CITTA手帳の3月始まりは10月始まりと比べてどんな方におすすめかを考えてみました。

3月始まりはこんな方におすすめ

  • 明るいピンクや水色が好きな方
  • 年度末を区切りに手帳を買い替えたい方
  • 2か月以上先の予定を立てる方が少ない方
  • メモをあまりとらない方
  • 持ち歩くことが多い方
  • 少しでも荷物を軽くしたい方
  • 薄めのバッグを使っている方

ひとくちにCITTA手帳と言ってもこれだけ違いがありますので、自分に合った方がどちらか検討してみてくださいね。

https://pintopi.com/wp-content/uploads/2020/04/ninitopi-think.png

にに

私は荷物を持ちすぎちゃうタイプなので、これを機に3月始まりに乗り換えて荷物を軽くしようかな……?

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA